基礎代謝を上げて、ウォーキング

Written on 2014年3月6日 – 12:55 AM | by yamayama01 |

確実に体重を減らすためにはやはり運動をしなければなりません。

運動をすることで、基礎代謝を上げていくのです。

基礎代謝が高いということは、痩せやすいということです。

同じ運動量でも基礎代謝が高い方が痩せます。

それで基礎代謝を上げることで、ダイエットできます。

基礎代謝をどのようにあげることができるのでしょうか。

筋肉トレーニングです。

筋肉が増えれば、基礎代謝が上がります。

ただ、筋肉をつけるだけでは体は痩せません。

基礎代謝を上げたところで運動が必要です。

体を動かす仕事をしていれば問題ないのですが、もし体を動かすことがないのであれば、あえて努力しなければなりません。

何が良いのでしょうか?

基礎代謝を上げて行う有酸素運動には効果があります。

そうです。

ウォーキングです。

基礎代謝を上げておいて、ウォーキングをすることで、効率よく痩せることができます。

ウォーキングの時におススメ!加圧エクサパンツの効果とは?

冷え性対策としても有効

Written on 2014年11月8日 – 11:14 AM | by yamayama01 |

冷え性対策として半身浴はとても効果があります。

身体を中から温めることができるからです。

この方法も私は必要であると確信していますが、冷え性対策としてとても欠かせないのは、冷えないような血行を維持できる体作りです。

自分の体が熱を保つことができるようになるための努力も欠かせません。

半身浴は効果がありますが、毎日毎日30分もお風呂に入っている時間がないということもあるでしょう。

ですから、自分で自分を温めることができるようにもなりたいものです。

そのために必要なのは、筋力だといわれています。

筋力があると、代謝が上がり、血行も改善されるからです。

良く中年女性で筋力の低下が原因で冷え性に悩むようになるといいます。

子育ても終わり、運動が少なくなる時期かもしれません。

何か定期的にウォーキングを行うようにするのが良いかもしれません。

長続きさせるとても良い方法

Written on 2014年10月16日 – 2:04 PM | by yamayama01 |

ウォーキングは、行ってすぐに効果が出る運動方法ではありません。

効果が出るまで少し時間がかかるのです。

ですから、長続きさせるのが難しいものでもあります。

効果がすぐにリアルにわかると面白くなってきて、続けやすいのですが、ウォーキングはそうもいきません。

それで、長続きさせるために、長期的な見方が必要です。

さらに、テンションを維持させるものも必要です。

どんな工夫ができるでしょうか。

一回一回運動後に、記録を取るのはどうでしょうか。

歩いた距離や、歩行数。

運動した時間。

運動前の体重と血圧と、体温。

運動後の体重と血圧と、体温。

これらを記録してみると、少しづつ効果が表れているのが確認できるはずです。

私たちも人ですから、先の見えないトンネルを歩くのは好きではありません。

少しずつ前進していることがわかれば、長続きさせることができるのです。

具体的な目標を立てる

環境もめちゃくちゃ大切

Written on 2014年10月2日 – 7:37 PM | by yamayama01 |

ウォーキングの時にすべきことって有りますよね。

それはストレッチ。

ウォーキング前にすべきこと

もちろん、準備体操など体のためにすべきこともありますが、他にもあります。

歩くコースを決めるということ。

歩く環境がどんなかによって、ウォーキングを続けられるかどうかも左右されてきます。

住宅街を歩いいてもなんも面白いこともありませんし、気持ちよくもありません。

だったらフィットネスなどで歩いたほうがまだましかもしれません。

逆に歩くコースが気持ちよくて、景色も良ければ、それだけウォーキングを続けることができます。

つまり歩くコースはとても重要なのです。

どれだけウォーキングを続けられるかを左右するほど重要と言えます。

これには限界もあります。

住んでいる場所が住宅街ですと、どうしても歩く場所の環境は限られてきてしまいます。

逆に河川敷に歩くことができるとか、海沿いの気持ちのよいコースをあることができる場所に住んでいれば、それだけウォーキングも楽しくなります。

ということで、住む場所や、歩くコースってのも意外にかなり重要になってきますので、その点を考慮に入れておきましょう。

ウォーキング前にすべきこと

Written on 2014年9月16日 – 6:01 PM | by yamayama01 |

ウォーキングする前はストレッチをして、体を柔らかくしましょう。

ストレッチはとても大切です。

運動するぞというサインを脳に送ることになるからです。

適度なストレッチをしてみて、その日の体調に気づくこともあります。

もし体調が悪いならウォーキングは控えたほうが良いですからね。

ストレッチは、ウォーキング後にも行います。

心拍数を落として、体を冷やすのにストレッチは欠かせません。

また、筋肉痛を防いだりも出来ますからね。

ウォーキング最中にも痛みが発生するようなこともあるかもしれません。

そのようなときにストレッチも欠かせません。

ストレッチは、ゆっくりと行うのがポイントです。

激しい運動はストレッチとは言いませんので注意してください。

また今から使う筋肉、あるいは使った筋肉を意識的に伸ばすことが大切です。

ぜんぜん使わない筋肉をストレッチしても仕方がありませんね。

具体的な目標を立てる

Written on 2014年8月28日 – 1:12 PM | by yamayama01 |

ウォーキングを長続きさせるのは、簡単なことではありません。

そして、運動をしたような、しなかったような感覚になることもあります。

単に歩いているだけだからです。

普段運動をしていなかった人がすると、そんなこともないのでしょうが、ダイエット目的で始めた人の中にはそのように感じる人もいます。

ウォーキングを具体的に目標を定めて行うと、ダイエットしているぞ!今日もダイエットしたぞ!という感覚を得ることができます。

どんな風に具体的な目標を定めることができるでしょうか。

一つは、アプリを使用することです。

今は便利なアプリがたくさんありますが、ウォーキングのアプリもいくつか出ているのです。

歩くスピードを教えてくれるアプリ、歩いた距離を教えてくれるアプリ、消費カロリーを教えてくれるものまであります。

何とも便利!

このようなアプリを使用することで、具体的な数字を知ることができますし、目標も立てやすくなります。