基礎代謝を上げて、ウォーキング

Written on 2014年3月6日 – 12:55 AM | by yamayama01 |

確実に体重を減らすためにはやはり運動をしなければなりません。

運動をすることで、基礎代謝を上げていくのです。

基礎代謝が高いということは、痩せやすいということです。

同じ運動量でも基礎代謝が高い方が痩せます。

それで基礎代謝を上げることで、ダイエットできます。

基礎代謝をどのようにあげることができるのでしょうか。

筋肉トレーニングです。

筋肉が増えれば、基礎代謝が上がります。

ただ、筋肉をつけるだけでは体は痩せません。

基礎代謝を上げたところで運動が必要です。

体を動かす仕事をしていれば問題ないのですが、もし体を動かすことがないのであれば、あえて努力しなければなりません。

何が良いのでしょうか?

基礎代謝を上げて行う有酸素運動には効果があります。

そうです。

ウォーキングです。

基礎代謝を上げておいて、ウォーキングをすることで、効率よく痩せることができます。

ウォーキングの時におススメ!加圧エクサパンツの効果とは?

歩くのやめるとこんななる

Written on 2015年4月10日 – 6:33 PM | by yamayama01 |

歩かなくなると人の体一気に太りますし、老けてきます。

車生活をはじめて1年半になりますが、ほんっとうに歩かなくなりました。

日中外回りの仕事なのですが、なんせ車を使用しますから、歩く距離が非常に短いのです。

まだそんなに年でもないし、運動しないことがあまり悪い影響があるとも思っていませんでした。

しかし、車の乗り降りくらいしか体を動かさないので、運動不足を感じます。

たまに歩かなければならない日などがあると、筋肉痛になったりもします。

何よりも肉付きが非常に良くなってしまい、太くなってしまいました。

お腹もポッコリと出てきてしまいました。

顎も二重まではいかないのですが、首と顎がつながりそうです。

前の生活との違いは、歩いているかいないかの違いだけです。

よく歩いていたころは、お腹も出ていませんでしたし、顔もすっきりしていたのです。

ウォーキングをするということは、非常に効果があるということがよくわかります。

ウォーキングする時には、20分以上歩くことを目指します。

1時間くらい歩くとしっかり脂肪燃焼して効果を期待することができます。

運動がなくなるとこんなに体が大きくなってしまうとは思いませんでした。

ウォーキングはいつ行うのが良い?

ウォーキングの効果をさらにさらに上げる工夫

Written on 2015年1月31日 – 12:34 PM | by yamayama01 |

ウォーキングを行わないと、脂肪燃焼は出来ません。

サッカーや、バスケットなどのスポーツも効果が有りますが、本格的にチームに所属してないのであればなかなか定期的にやるものでもありませんよね。

やはり脂肪燃焼といえば、ウォーキング、水泳、サイクリングといったところでしょうか。

個人的には水泳を押したいところですが、やはり定期的に水泳にいくのは、それほど簡単なことではありません。

そんな時間が無いという人がほとんどではないでしょうか。

ということは、やはり歩くのが一番手ごろにできる有酸素運動ということになります。

ウォーキングの効果はもうご存知だと思います。

ただ、さらに効果を上げるための工夫について考えたことがありますか?

短い時間でも効果を上げることができれば、ダイエットにも期待ができます。

ウォーキングの効果を上げるとてもよい方法は、荷物を持った状態で歩くということです。

少し重めの荷物を持って、早歩き!

買い物後に早歩きでも良いですし、あえて重いペットボトルなどを持って歩くのもよいでしょう。

負荷がかかるぶん、やはり脂肪燃焼も効率が上がります。

歩いているのだけど、息が上がるくらいの運動になると、脂肪が効率良く燃焼してくれるのです。

ウォーキングダイエットを成功させる

ウォーキングはいつ行うのが良い?

Written on 2015年1月12日 – 7:39 PM | by yamayama01 |

ウォーキングはいつするのが良いのでしょうか。

休日などに、お弁当を持ってウォーキングしたりすると気持ちが良いですよね。

家族と一緒に出かけたりするときに、ついでにウォーキングするなんて人もいるかもしれません。

しかし、実はウォーキングをする時間によっても効果が異なってくるのだそうです。

いつ行うのが良いのでしょうか。

正解は、朝です。

朝食をとる前にウォーキングすることが、一番効果があるとされています。

研究によりますと、一番脂肪燃焼効果があると結論できるそうです。

ということは、朝早く起きてウォーキングしなければならないということです。

仕事に行く時間を早めて、ウォーキングを通勤時に行ってしまい、会社についてから朝食をとるなんて方法が良いかもしれません。

時間をムダにしないように上手にウォーキングを生活に取りいれましょう。

もちろん、いつウォーキングしても効果があるには有ります。

効率を考えた時に、朝食前のウォーキングが一番というだけです。

定期性が一番大切ですから、自分が一番続けれられる時を選びましょう。

血圧を下げる運動

Written on 2014年12月24日 – 4:00 PM | by yamayama01 |

高血圧、薬を飲んでいるのに血圧が下がらない・・・・・。

このような症状で悩んでいる人に共通して与えられる医者からのアドバイス。

それは、運動をすることです。

血圧が高い人が運動するといいというのは本当なのでしょうか。

運動をすることで一つ得られる良い効果として、体の中の余分の水分が排出されるというものがあります。

この中には体液も含まれていて、この排出が血行の促進という良い効果をもたらしてくれます。

余分の水分や体液が血行を妨げているからです。

また、運動することで血管が拡張もしてくれます。

ですから、間違いなく血圧が下がるはずなのです。

血圧を下げる良い運動としては有酸素運動があります。

逆に激しいスポーツなど無酸素運動は血圧を上げてしまう可能性がありますので注意しましょう。

運動ならなんでも良いというわけではないのです。

安定した心拍数で、血管を拡張させるには有酸素運動でしょう。

一度の運動では血圧を下げることができませんから、その点も覚えておきましょう。

心身ともに健康になろう!

Written on 2014年12月7日 – 8:05 PM | by yamayama01 |

イライラした時に、風にあたってくると言って、外に行き少し歩いて気持ちが落ち着くという経験がありませんか?

実は、歩くということは私達の精神にも良い影響があるのです。

科学的に、ウォーキングがストレス発散効果があるということを証明しているのだそうです。

ですから、ダイエットでウォーキングをすると、気分転換にもなりますし、ストレス発散にもなるのです。

どうして歩くことが精神にも良い効果があるのでしょうか。

一つは、血行促進に秘密があります。

歩くことで血液循環が良くなるので、脳にも刺激を与えてくれるのです。

自律神経にも良いと言われています。

歩くことで脳からあるホルモンがでるのも理由の一つです。

ドーパミン、セロトニンと言ったホルモンが分泌されるので、気持ちがリラックスできるのです。

βエンドルフィンというホルモンも私達に良い影響を与えます。

快感を与えると言われるβエンドルフィン。

覚醒作用があるのです。

歩いた後にスッキリした気分になるのは、こうしたホルモンが分泌されるからなのです。

オススメなウォーキングがあります!